アーティスティク矯正(補綴矯正)

芸能人のような白い歯と綺麗な歯並びを

アーティスティク矯正とは、セラミックの被せ物(人工補綴物)を使って、歯並びを整える矯正のことです。正確には、矯正治療ではなく審美治療に当たります。「セラミック矯正」「補綴矯正」「差し歯を使った矯正」と呼ばれることもあります。

症例の程度にもよりますが、出っ歯、すきっ歯、乱杭歯(らんぐい歯)、八重歯と言われる歯並びを、セラミックを使って短期間で整えることができます。具体的には、白い素材のクラウンを使用して歯並びを美しくしたりします。

アーティスティク矯正の最大のメリットは、歯列を動かす通常の矯正治療よりも治療期間が短いことです。整えた歯並びが後戻りすることもありませんので、保定期間も不要です。またセラミックを使用しますので、自由に色や形を設定することができ、半永久的に「きれいに整った白い歯」を保つことができます。

アーティスティク矯正では、どんな治療をするの?

アーティスティク矯正は、歯の上部を小さく細く削る、または土台を取り付けて、その上にセラミックのクラウンを被せて歯並びを整える方法で、患者様自身の歯根を利用します。通常の矯正治療では、時間をかけて歯根ごと動かしますが、クイック矯正では、歯根は動かさずに人工歯(クラウン)を被せるため、治療期間が短くて済むのです。

ただし、場合によっては歯の神経を除去することがあります。えなつ歯科・矯正クリニックでは、できるだけ神経を残す治療を心がけていますが、どうしてもご要望に添えない場合があります。また、歯並びの程度によっては通常の矯正治療でなければ対処できないケースもあります。咬み合せの全体的な改善も、クイック矯正では対応できないことがあります。詳しくは、カウンセリング時にご説明いたします。

えなつ歯科・矯正クリニックでは、審美歯科治療においても「可能な限り神経を残す治療」を心がけています。

できるだけ神経を取らない治療

通常、歯科治療、特にクイック矯正などの審美歯科治療においては、根管治療(歯の神経を取る治療)を行うケースがしばしばあります。その方が治療は楽ですので、最初から全ての歯の神経を取ってしまう歯科医師がいることも事実です。

しかし根管治療により神経を失った歯は、どうしても脆くなるうえ、どんなに丁寧に治療を行っても、将来的に起きるトラブルの可能性は高くなってしまいます。ですから、えなつ歯科・矯正クリニックでは、審美歯科治療においても「可能な限り神経を残す治療」を最善として、治療方針を検討するように心がけています。やむを得ず根管治療を行う場合は、ファイバーコアの使用をおすすめするなど、将来的な歯のトラブルが起きにくい治療に尽力しています。

ファイバーコアについて

“コア”とは歯の方向を決めたり、失われた歯質を補うための土台です。なかでもファイバーを使ったファイバーコアは、歯質と近い性質を持つ芯材なので、歯根を傷める危険性も低く、破損しにくいというメリットがあります。
当院では、メタルフリーの視点からも、ファイバーコアの使用をおすすめしています。



セラミッククラウンを使ったクイック矯正

セラミッククラウン(被せ物)を使用するクイック矯正は、出っ歯(上顎前突)、乱ぐい歯(八重歯)など、歯の表面を削るだけでは整わない症例に用います。土台を使って歯の向きを変える必要があるので、場合によっては根管治療(神経を除去する治療)の必要があります。通院回数は1本につき3回程度ですが、神経の治療を含む場合は、その分も通院が必要になります。

この症例は、むし歯や歯周病が多発しており、且つ、歯ぎしりがキツく、咬合平面のズレや正中のズレなどの症状が見られた患者さんです。
まず、歯周病の症状改善を行った後、プロビジョナル・レストレーションと言われる手法で噛み合わせの平面を整える処置を行いました。
このプロビジョナルレストレーションには、患者様ご自身の見た目の納得がいくまで微調整を行いつつ、噛み合わせの違和感などがないか、体調に不調をきたさないかなどを定期的に観察しながら、患者さんが十分に満足できるレベルにまで共に機能性と審美性を追求させていただいたため、約1年半程の治療期間がかかりました。
噛み合わせ・見た目の基礎を固めたのち、セラミックを用いた補綴物の装着治療を行いました。
費用は、¥2760,000-(税別)となりました。
見た目も含めた調整を行っているため、リスクとしては生活歯を削っている場合、歯がしみる可能性があること、歯のお手入れやメンテナンスをサボると歯周病の症状が進行し、歯肉が下がり、歯の根が見えてくるなど審美的な損失を伴うと共に、歯を支える骨が退縮し、抜歯に発展する場合があります(このリスクは通常の天然歯でもいえることです)。